蕎麦ノビ6
ソバノビタキの撮影に行って来ました。
撮影日 9月25日
撮影場所 奈良の蕎麦処
これが帰りまじかに撮影出来たソバノビタキ?です。(自己満足です)

ノビタキ蕎麦畑6
ここに行く前から、ソバ畑は台風で全滅の噂が流れて居ました。
一縷の望みをかけて突撃しましたが、やはり朝の三時間はろくな写真は撮れませんでした。

蕎麦ノビ前6
10時過ぎ、ノビタキが5羽に増えましたので、手前のましな場所に来てくれる事を念じながら気長に待ちました。
その写真が一番上の写真です。
良く出来た物で、ここに来た瞬間、赤いヤッケを来た観光客の方が、『何写して居るのですか?』とやって来ました。
この瞬間、ノビタキは何処か飛んで行ってしまいました。

イソヒヨ6
ノビタキを待つ間に相手をしてくれたイソヒヨドリです。
海岸から、60キロも山の中ですが、こんな所にイソヒヨドリ。

ヤマセミ6
せっかくここまで来ましたので、朝一にダムまで足を延ばして来ました。
途中から酷い霧で、見つけたヤマセミもぼやぼやです。
諦めて即撤収しました。

スポンサーサイト
彼岸花ノビ6
9月24日の撮影分です。
皆さんが、ヒガンバナノビタキを写して居られるので、出かけて来ました。
始めは古都の彼岸花の所に行く予定でしたが、距離が半分の所でもチャンスが有りそうなので、途中下車です。
着いてすぐに写せた写真です。
これが唯一の彼岸花に絡んだ写真になろうとは思いませんでした。

ノビタキ羽6p
遠くでノビタキが遊びますが、豆粒ですので、トリミングしてみました。

コスモスバックノビ6
フェンスの上で日の丸ですが、バックがコスモスですので、採用決定です。

ノビタキ26
花止まりです。
花の名前は判りません。
ダリヤ6p
9月23日の撮影分です。
皆さんが、ダリヤノビタキを写して居られるので、法事が済んでから突撃して来ました。
しかし、現地に着くと、カメラマンも一人でノビタキが居付かなかった様です。

ヨタカ16
諦めて、夕方迄粘ろうと思いましたが、ヨタカが居るらしいので転戦して来ました。

ヨタカ26
今回は近くで撮れましたが(レンズ表示12メートル)駐車場代が高いのと、動きが無い為、即撤収しました。

シロガシラ16
二年半ぶりにシロガシラに会えました。
朝から天気予報とにらめっこして、9時までは大丈夫!。と出かけて来ました。

シロガシラ2号6
しかし、撮影を始めたら、ポツリぽつりと雨が降って来ました。
証拠写真を写して、カメラをカバンにしまったら土砂降りでしたよ。

彼岸花6
直帰の予定でしたが、帰りの駄賃で、彼岸花の里に行って見ましたが、まだ三分咲きでしょうか。

美山の郷6
これは先週写した写真です。
ソバの花を期待して行きましたが、まだ先ですね。

粟6
久し振りに見た、実です。
これが判る人は凄い。(笑)
この後、美味しく頂ました。
ツツドリ入口6
ツツドリを探しに西の梅林へ行って来ました。
坂道を喘ぎながら登って行くと、鳥が飛びました。
鳩かな?と思いましたが、念の為カメラを下して覗いて見ました。
見ずらいですが、たぶんツツドリです。

ツツドリ2
数名のカメラマンさんが、梅林の中央辺りで待機されていました。
ツツドリは、カメラマンさん達の後ろ姿をを不思議そうに見て居ました。
本当は『餌場に立ち入って邪魔な奴』、と思って居るのでしょうね。

ツツドリ梅6
登山道で待機して居ると、遠くに鳥が留まりました。
豆粒を大トリミングしました。
鳴かないと区別がつきませんが、4個体居るそうです。
人慣れした頃にリベンジです。

梢6
今季、良くあちらこちらのブログで登場して居るサンショウクイをやっと見る事が出来ました。

背中6
同じ様な写真ですが、見れたと言う証拠写真です。

葉の中6p
可愛い葉っぱの中に入り込んだ写真です。

欠伸6
サンショウクイの名前の通り、ヒリィヒリィと良く鳴いてくれました。

T6.jpg
最初は100羽程の集団だったらしいですが、sikaが行った時は10羽程でした。
見れた事に感謝です。

カズラT6
カズラに留まったサンショウクイです。
プロフィール

sika

Author:sika
1950年代生れ ♂
会社勤め中
気軽に声を掛けて下さい。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード