コクチョーB16P
夏も終わりに近づき、毎日暑い台所で食事を作ってくれた相棒に感謝の気持ちを伝えるべく
古都へランチに出かけました。
シーズン中は滅多に行けませんが、今の時期はリーズナブルなお値段で???、お弁当が食べれるそうです。
数年振りに見れたコクチョウです。
今TVで話題の鳥ですね。
コクチョーB2水6P
コクチョウも暑いのか、盛んに水を飲んでいました。
陽が射すとテカテカで写真になりません。
美味しい食べものを食べているのか、艶は最高の鳥でした。
スポンサーサイト
ウソB16P
高原でウソに会えました。

ウソ:スズメ目/アトリ科
L:16センチ 留鳥または冬鳥

sikaの見た鳥のファイルに、ウソ・アカウソの項目が有りません。
かろうじて写した事は有りますが、データとして残すだけの写真が撮れていないと言う事です。
これも空抜けで遠いです。
ウソB26P
やっと低い緑のバックの所に降りて来てくれました。
野鳥ですので、こちらが思う様な場所に留ってくれません。
面白い6P
お土産購入中に、以前は販売中止になっていたお菓子を見つけました。
どんなお菓子か興味が有ったので購入して試食してみました。
ただのバナナ味のゴーフレットでした。
販売エリアは、滋賀・京都・大阪・奈良・兵庫・和歌山に限定されているようです。
器6P
帰りには、自分用のお土産を購入しました。
中学生の時、沈壽官窯を見に行き、歴史は学びましたが、購入する機会が有りませんでした。
今回は自分へのご褒美として、焼酎を飲む器としては少し高かったですが、思い切って購入しました。
持ちやすく飲みやすい器ですので、機会が有れば買い足したいです。
森小屋6P
以下は、6月に写した写真です。
特別休暇で、森の探索に出かけた時の出来事です。
まずは交流館で情報を収集します。立派な建物ですね。
クマB68P
森の中を散歩中にカラス?が飛んで来ました。
変な留まり方をするので、良く見るとやはり変な鳥でした。
そ~っと近づいて、心臓爆発寸前・手足はブルブル。感激の一瞬でした。
ホシガラスb16P
ホシガラス:スズメ目・カラス科
L:35センチ
鳴き声:ガー・ガー・ガー(カラスより鳴き声は汚いです)
お盆休みが2週間有るので、少し遠出してみました。
37年振りのお山で、勢いよく登ったのが懐かしです。
初日は寄り路で、現地に着いたのは16時過ぎでしたので、まづ寝床の予約をして
東屋に着くとすぐに出てくれました。
この日は朝少し出て、夕方ちょこっとで終わりだそうです。
実B26P
2日目も早朝からスタンバイしますが、昨日は朝食の時間に出たとか。
宿に朝食を食べに帰りましたが、なぜか余裕のおかわり。
自然の中で食べるご飯は美味しいですね。
この日も出が悪く、3日間待機されている方10数人も、もう駄目だと昼で撤収されました。
sikaも別の場所に行こうかと思いましたが、相棒の新カメラテストが終わらず、夕方まで粘る事にしました。
昨日来た時間を30分過ぎても、ホシガラスは来てくれません。
諦めた途端、『来た~』と言う声。
枝羽B36P
梢から降りて来たホシガラスは、目の前で餌探しを始めました。
『近すぎる~!』と贅沢な文句を言いながら、1時間遊ばせてくれました。
近くてレンズのオートが効かないので、マニュアル撮影です。
尻尾が切れてしましました。残念!
餌親子B6P
長々とアップして来ました、コノハズクシリーズも今回で終わりです。
コノハズクの親子を撮影出来ましたので、アップです。
暗くなると親が昆虫を運んで来て雛に与えます。
雛T上へ6P
夜明け前には雛は、上を目指して木のぼりを始めます。
目線の先にはお母さんが『おいで!おいで!』と呼んでいます。
少しずつ飛んで移動しましたが、夜明けを迎え、又眠りに就きました。
1-雛B巣出る?6
7月26日にコノハズクを見に行った時の写真です。
巣から出たものの、4番子は・・・・・・・。
1-雛b6濡れ
やっと外の生活を始めましたが、突然の激しい雷雨に見わまれました。
sikaも雷雨に耐えましたが、この子も立派に耐えました。
頑張れ末っ子。
まだまだ自然は色んな試練が待っているぞ。
プロフィール

sika

Author:sika
1950年代生れ ♂
会社勤め中
気軽に声を掛けて下さい。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード